BASE YOGA MEDIA

2020.04.04.Sat │ ヨガトーク ランニング・ジョギング【未経験者・初心者向け】 ゆるランのススメー!

LINEで送る
Pocket


こんにちは!BASEのMUTSUMIです。

今回は私の10年来の趣味のひとつである、「走る(run)」について、取り上げていきます!

男女問わず走ることは人気があり、健康管理のために習慣にしている方も多いですよね。

まだ始めてないけど、走ることに興味がある、魅力を知りたい・・そんな方はぜひ読んでみてくださいね。

ジョギングとランニングって違いって?


走ることをジョギングやランニングといいますが、その違いを意識している方は少ないのでは?
厳密な決まりはないようですが、ざっくりした違いをみていきます。

▪️ジョギング
距離やスピードにこだわらず気楽にお喋りできるくらいゆとりをもって走るのがジョギング。 (おおよそ7分/1kmペースくらい)
運動不足解消やダイエットに効果的。さらにビギナーでも取り入れやすい、歩くスピード程度のペースでゆっくり走る『スロージョギング』も注目を集めています。

▪️ランニング
距離や時間、ペースなどを意識して走るのがランニング。息が切れる、弾むレベル。 (おおよそ5分/1kmペースくらい)
マラソン大会に出場する方などが練習する走りはこちらです。

走るときの服装は?

私が走る際のお気に入りのマストアイテムをご紹介していきます♪
もちろん、同じものを揃える必要はありませんよ。ご自身の装備の参考にしてもらえると嬉しいです。

①ナイロンジャケット

肌寒い季節はハイテク素材の通気性のよい薄手の羽織が必須!(季節は3月。気温が10度前後の場合)
私が愛用しているのはミズノ フォー マーガレットハウエルのもの。着用時に湿気を放出、表面に撥水加工をほどこしたもの。
フード内にジャケット本体を収納できるパッカブル仕様になっているところもポイント。ランニング以外のアクティブシーンにもgood!

②レギンス

レギンス一枚、もしくはショートパンツと合わせて履きます。
これはルルレモンの〝Fast&Free〟というランニングやトレーニング専用に作られたレギンス。
ヨガ用のレギンスと違い小さなポケットが左右や内側についていて、携帯や鍵や小銭などを入れておくことができます。ウエストポーチなどをつけなくても身軽に走れるのがうれしい!

③ランニングシューズ

走るときに一番大事なのはランニングシューズではないでしょうか?
タウン履き用のスニーカーで走ると、脚への負担や走りにくさに繋がってしまいますので、ランニング用のシューズを必ず用意しましょう。

私が最近愛用しているのは、ミズノ フォー マーガレットハウエルのもの。ナイキやアディダス バイ ステラマッカートニーもランニングシューズとしての機能とお洒落を兼ね備えていてオススメですよ。

④ワイヤレスイヤホン

私はいつも少しアップテンポな洋楽を聴きながら走っています。

走る時はコードが邪魔なので、断然ワイヤレスイヤホンが便利!

私が愛用しているのがワークアウト向けに作られた「Powerbeats Pro(パワービーツプロ)」
長時間のバッテリー持続やバランスのとれた音質、激しく動いても外れにくいところがポイント。機械音痴の私にはシンプルな操作性もうれしいところ。

⑤その他
その他の愛用アイテムは、トップスとブラトップ、ラン用のソックスはルルレモンやパタゴニア、ナイキなどを使用しています。
走る時に胸が揺れると垂れるとよく聞くので、下着ではなく、スポーツ用のブラトップを必ず着用すること。ソックスは何気にずれると気になるので、履き心地良いものにするといいでしょう。

走るとなにかいいことがあるの?

1,ダイエット
走ることは有酸素運動になるので、体脂肪の燃焼につながります。
週3回以上行うと変化がでてきそうですね。そのうちの1回を強度が上がるランニングにするなどダイエットの目標を決めてストイックにトライしてもいいですね。

2,運動不足解消
スポーツジムなどに通うよりも自由に、そしてコストをかけずに気軽に運動不足を解消できるのがメリット。
私は走る時に誰にも知り合いに会わないので、日焼け止めとベースメイクのみして、完全OFFな感じで走ってます。(この記事では、撮影用にちゃんと身支度をしました。笑)

3,美肌効果
私が走った後、必ずと言っていいほど感じている効果がこの美肌効果!!!顔色がめっちゃよくなる。くすみがなくなり、内側からイキイキしたツヤ肌に!
走ることで血流がよくなり、酸素が体の隅々にまで運ばれるからかなと思っています。

4,マインドフルネス
ヨガと同じく今の自分を感じることで、心が静まる感覚があります。呼吸に意識を向けてみたり、反復運動である足の運びや腕の振りなどに意識を向けてみるといいですね。特に私は悩み事で頭の中がぐるぐるしているときほど、心の整理のためにも走りに行っています。

5,ストレス発散
いわゆるランナーズハイの状態になることから開放感に包まれます。これは走り出してから約15分後から脳内で分泌されるエンドルフィンというホルモンの働きによるもの。ストレスや痛み、疲れを麻痺させる作用があると言われています。走った後も数時間この気分が持続します。

MUTSUMI的ゆるランのススメ


走ることのメリットがたくさんあるということを伝えてきました。走る目的はさまざまでオッケー!

始めてみたいけど、でも不安だな・・と思っている方にオススメなのが、ゆるラン!

ゆるランとは気負わず、マイペースに走るということ。
走り出してから、体調イマイチと思ったら早めに辞めるもよし、目標などに縛られずに心穏やかに走ること。

特に、自然が溢れる公園や空や道が広くのびのび安心して走れるコースを選んでみると気持ち良いですよ!

目や鼻、皮膚でその季節の色や香り、風を感じてみましょう。

普段は眠っていた感性が呼び起こされるかもしれませんよ。

体を動かし、心を豊かにすることで、細胞の一つ一つが喜んでいるような、走ったあとの爽快感をぜひ味わって欲しいです。

この春、ゆるラン始めない?


「走るのが苦手」と感じている方って意外と多いのではないですか?

それって、多くの場合、学生時代の体育の授業の持久走や部活がキツすぎて、自分の限界以上に頑張る事を強制された体験からきているのかなと思います。

実を言うと、私がそうでした。「運動って、走るって、キツイ・しんどい・逃げたい、、体力ないし、私には無理!!!」と、そんなイメージでした。

でも、それは思い込みで実際は違いました!

ここで紹介したように、大人になってから始めるランは〝もっと自由に、もっと気持ち良く、もっと自分らしく〟 楽しむことができるってこと!
それを伝えたくて記事を書きました。

走り出すと、どんどん見えていた景色が変わります。

あなたの人生の中に、新しい自分を発見するキッカケになるかもしれませんよ。

まずは一歩前に、そこからがスタートです!

WRITER
MUTSUMI ムツミ BASE YOGA MEDIA編集長
泣くことも笑うことも人生のスパイス。そんな風に今を楽しめるのはヨガのおかげです。
運動不足解消でヨガを始めた頃は筋力も柔軟性も低く、できないことだらけからのスタートでした。
少しずつできることが増えていく喜びを知っているからこそ、初心者の方に寄り添いながらヨガの楽しさを伝えたい。
私たちは沢山の可能性の種を内に秘めていて、大人になってからもぐんぐん成長することを実感してもらいたいです。
オンラインヨガクラス開催決定!

RANKING

アクセスランキング

週間 総合