BASE YOGA MEDIA

2019.06.14.Fri │ ヨガトーク 私がヨガティーチャーになるためにした、10のこと。(マインド編)

LINEで送る
Pocket

こんにちは!BASEヨガティーチャーAIKOです。
今日は、私が刺繍(ワッペン)製造会社の新規営業マン(OL)から、ヨガティーチャーになるためにしたこと、特にマインド面で意識していたことについて書いていきたいと思います。

ヨガの指導に興味がある方に、私の経験が何かのヒントになってくれたら、嬉しいです!
そして、ヨガの資格であるRYT200を取得しようか迷っているあなたの背中を押すことができたら、とても嬉しく思います。

早速、始めていきます!

その1:ヨガを純粋に楽しむ。


私の場合、生徒としてヨガを純粋に楽しめていることが、先生になりたい!!と思った原動力です。
ヨガをしている時、楽しくて、楽しくて、楽しい・・・(笑) こんなに楽しいなら、この魅力を伝えたい!!という想い。

さらにヨガの学びは、この先もずーっとずーっと続いていきます。
素敵な先生ほど、学ぶことに貪欲で、その方自身からヨガが好き!が漏れ出ています。

よくよく考えると、当たり前なのかもしれません。チョコレートが嫌いな人に、チョコレートの魅力を聞いても惹かれないですもんね・・・

まさに、好きこそものの上手なれ!

もし、あなたがヨガをしている時、「楽しい!!!」なら大丈夫。
先生として迷ったり、自信がなくなった時も、この想いだけは裏切らないなぁと思えます。私自身も、「ヨガが楽しい!!」と思うその気持ちを素直に大切にしています。

その2:自分の得意を探す。


「自分の得意を探す」というと、新しいことを始めなきゃ・・と、そわそわしてしまって、周りの先輩インストラクターの方と比べちゃったり・・・
してました、私(笑)!!!

そんな時、私を勇気付けてくれた言葉があって、それは、すごい!と思う人の特徴は、もうすでに自分の中にある特徴である。って言葉。

・・・なぜなら、その「すごい!」部分を、すごいと感じる価値観を、もうすでに持っているってことだから。
そもそもその価値観を持っていないなら、すごいって感じることができないからです。

そう思うと、どんどんすごい人に会って、自分の中に潜む「すごい!」を発見した方が近道。

さらに、新しいことより今までの経験の中で、楽しかったこと、嬉しかったことの中にヒントがたくさんありました。
私の場合は、自己分析ツールも結構試しましたよ。
脳波を測ってみたり、数秘術や自己啓発系もいろいろ・・この辺りは、またご紹介できたらいいなって思ってます。
自分の得意を知るのは、これまた楽しい作業です。

その3:ひとりでやろうとしない。


この言葉は、私がヨガインストラクターになりたい!と思い恩師に相談した時に、もらった大事にしている言葉です。
実は、今の私はまさにこの状態になっています。
出会う方に影響をもらって、どんどん変化している最中。

なりたい自分がいるような人が集まっている場所に飛び込んで、『縁起』を書き換えてしまう方法です。
では、縁起について簡単にお話しますね!

あなたは出会う人によって、「あなた」ができてる。なんていうとわかりにくいですかね。
例えば、親がいなければ「子」のあなたはいない。夫がいなければ「妻」のあなたはいない。先生がいなければ「生徒」のあなたもいない。
こんな風にあなたの人格は出会う人によって創られている。だから、どんな人と過ごすかがとても大事。
このイメージができると、なりたい人が集まる場所にいたいなって思えるようになりませんか?

具体的に飛び込んだ場所は、たくさんあるのですが、ヨガインストラクターになるために影響が大きかったのは、RYT200(全米ヨガアライアンス200時間)の環境でした。

その4:熱い想いを守る(楽しい)努力。


これは簡単そうなんですけど、知っているのと知らないのでは大違いです。
大人になって、夢を語ると・・・・結構いろんな意見をもらいました。

「そんなん無理やって!」「え、その年齢から新しいこと?!」根拠のない反対意見。いわゆるドリームキラーというやつです。

ドリームキラーが全て悪いとは思いません。
その人なりに、私を心配してくれた結果の言葉だから。

でも、私のおすすめとしては、その夢が大切であればあるほど、その夢をすでに達成している人や、根拠はなくても手放しで応援してくれる人にだけ、夢を語るのがおすすめです。(BASEの仲間は本当に手放しで応援をくれる存在!)

これは楽しいし、背中を押されるし、アドバイスも具体的にもらえるから、いいことしかない!!!!

反対意見をくれる人が現れたら、その人が自分の夢をすでに達成している人かどうかをチェックしてみて!
もしそうでないなら、その意見はサラッと流すのが一番です。

その5:大好きな先生に出会う。


大好きな先生に出会って、自分がどんな先生になりたいか妄想していました。
あんな風になりたい・・・こんなこと大事にしよう・・・などなど

これまで私が出会った先生方は、本当に素敵な先生ばかり!!!驚くほどに(笑)

その憧れの部分が、私の中に蓄積しているなぁって感じます。

あと、この人!!と思ったら、徹底的にその方に学ぶこともすごくオススメです。

ヨガの先生だけでなく、今まで出会った人や出来事、全ての経験が私を作るので、素敵な人と出会うチャンスを大切にします。

その6:仲間に出会った。


これは、その2:ひとりでやろうとしない。にも出てきた、RYT200(全米ヨガアライアンス200時間)で出会った仲間の影響が大きかったです。
BASEの仲間との出会いもこのRYT200の場所なんです。

人が成長する時=今までできなかったことができるようになっていく時って、楽しいだけでなく、半分ソワソワというか、怖いような、嬉しいような、心細いような・・・そういう心境になるものだと思います。

この半分ワクワク、半分ムズムズ状態って、成長段階においてはベストなんですが、半分ムズムズしているから、落ち着かない(笑)

そういう時に、仲間には助けてもらいました。
素直に「助けて!」って、私、半分ムズムズしてる!!っていう感じ。

もし、あなたが半分ムズムズしているなら、私が思いっきり背中を押しますね!

その7:応援される人になる。


人は弱い部分があると思います。
心の中に夢を留めておいただけだと、なかなか踏み出せない。
目の前の日常に意識が取られて、夢はいつまでも夢のまま・・・私もそうだったから、この感覚はすごくわかります。

私が、一番初めにはじめたことは、「ヨガインストラクターになりたいな。」と声に出してみました。
母に言ってみたのが最初だったと思います。

その次は、私をあるヨガのワークショップに誘ってくれて、とっても憧れていたヨガの先生です。
言ったというか、その先生から「インストラクターになりたくなったんでしょ?」って、先に言われちゃったんですが(笑)

大事な友達にも、「そんなにヨガが好きなら、先生になれば?」って、これも先に言われちゃいました(笑)

そんな風に、まだまだ先のことだと思いながらも、声に出してみることで、「頑張れ!」って言ってくれる人が現れました。
先生になったら、レッスン受けにいくよ!って言ってもらえた、そんなにも応援してくれる人のためなら、と自然にエネルギーが湧いてきました。

その8:素直な気持ちで「守・破・離(しゅ・は・り)」。


これは学ぶ時に大事にしている姿勢です。
例えば、あなたがこの人は!!と思える先生に出会えたら、今までの価値観や、考えをいったん脇に置いて、そのまんまに受け取ります。
簡単に聞こえるけど、大人になると意外と難しい・・・

このことを「守」と言い、自分流は捨てて、アルゴリズム(方法論)を取り入れます。
そうやって徹底的にアルゴリズムを守ると見えてくるものがあります。
徹底的にすることが、すごく大事!

そうやって、自分の中に染み込んだら、次は「破」。
自分なりの方法を試してみる。

最後にやっと、そのアルゴリズムから「離」、離れることが大事です。

方法論は、あくまで方法論。
縛られてしまっては、自由ではなくなってしまいます。

その9:肚(はら)をくくる。


「本当にヨガインストラクターになりたい?」

答えが、YES!ならもう大丈夫。

私の場合は、何の根拠も、自信も、経験もなかったけど、先にこの肚をくくる!をしました。

もちろん、職業にしないつもりだったり、自分のために学びを深めたい場合も、自分のために学ぶんだ!って決めることが大事。

具体的には、RYT200の授業が始まる初日。
自己紹介で、「プロになります!」って宣言しました。
実際には、プロが何かなんてよくわかっていなかったけど・・・でも肚を決めて、いつか必ずって想いだけでした。

進んでいく中で、心が揺らぐことがあるかもしれない。自信がなくなってしまう瞬間がくるかもしれない。

ただこの肚をくくるは、身体から漏れ出るらしく、肚をくくった瞬間に、助けてくれる人が現れます。
逆に、肚が決まっていないと助けようがないんです。どうやって助けたらいいのか、迷っちゃうんですよね。

この肚をくくる作業は、世の中の「引き寄せの法則」「アフォメーション」、「神社仏閣にいく」これらに通づるものがあると思います。

その10:インプットとアウトプットを楽しむ。


もしあなたがヨガが大好きなら、インプットは心配ないですよね。私もヨガの学びが大好き。

でもアウトプットについては、初めは誰でも自信がなかったり、億劫だったりしますよね。

ただ、アウトプットは最強のインプットだと思うんです。誰かに話すことで、自分の学びが深まる。

だから、勉強してきたこと、感じたことは、自分のために惜しみなくアウトプットするのがおすすめです。
まずは身近な人に、アウトプットの相手になってもらいましょう。
ヨガの先生でも、友達でも。
もちろん、私もその話に興味があります!

まとめ:私がヨガインストラクターになるためにした10のこと。(マインド編)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

もしどこでRYTを取得しようか迷っているなら、BASEで取得されることを心からオススメします。
詳しくはこちらから↓
BASEでヨガ指導者養成講座【RYT200】開催決定!

私が一番初めにヨガインストラクターになりたいなぁと、淡い想いが芽生えて、約3年。(2019年現在)
私を支えてくれたマインド(考え方)についてご紹介しました。

今後は実際に行った、行動編などもご紹介できたらいいなって思っています。

ありがとうございました!

※一部写真は写真家:satoru_photographyさんに撮っていただいたものです。

WRITER
AIKO アイコ 初心者の方にもわかりやすく、心地よいアジャスト、クラスにくると元気になると定評がある、エネルギッシュなヨガティーチャー。

日々、心の底からヨガが好きなんだと実感しています。
特に身体を丁寧に扱うヨガが大好きで、そうやって身体を大事にしていると、心が満たされる感覚が沸き起こってきます。
心は身体に現れると知り、身体を観る技術を磨いています。「あなたの身体は可能性の宝庫!」

ヨガを通じて、
大人こそ自分の可能性をあきらめないで、
今この瞬間から、人生にワクワクできるんだと伝えたい!!!
一緒に思いっきりワクワクした大きな子供を目指しませんか?
オンラインヨガクラス開催決定!

RANKING

アクセスランキング

週間 総合