BASE YOGA MEDIA

2019.04.09.Tue │ クラス紹介 究極の癒しの時間・サンカルパで願いを叶える ヨガニードラ

LINEで送る
Pocket


皆さん、こんにちは!NAOKIです。

ヨガと聞くとマットの上で体を使って、捻ったり、反らしたり、逆さまになったりとポーズ(アーサナ)をとるものって思ってませんか?
実はポーズをとることはヨガ行法のほんの一部に過ぎません。(もともとはアーサナは瞑想に入るための行法なんです。)

BASEには60分クラスの半分くらいの時間を仰向けで寝転がったまま行う『ヨガニードラ』があります。

ヨガニードラのクラスを受講できるヨガスタジオはまだまだ珍しく、どんなものか知らない人も多いはず。
今回はそのヨガニードラのクラス紹介をしていきます!

ヨガニードラの言葉の意味から解説!

「ニードラ(ニドラー)」はサンスクリット語で〝眠り〟という意味をもち、ヨガニードラは日本語では「眠りのヨガ」と訳されることが多いでしょう。

「寝たまんま行うヨガ」と言うと少しイメージしやすいのではないでしょうか?
しかし、スヤスヤと寝た状態で行うのではなく、ヨガのクラスで最後に行うシャバーサナの体勢で行う瞑想法です。

ヨガニードラ中はなにをするの?

ヨガニードラはシヴァナンダヨガの創設者として有名な聖人スワミ・シヴァナンダ師の直弟子であるスワミ・サティアナンダ師によって本格的に体系化されたメソッドです。

その体系化されたメソットとは・・・

・ボディスキャン(身体を感じる)
・呼吸法
・自律訓練法
・サンカルパ(大願)
・イメージング

などを組み合わせた瞑想法を先生のリードで行います。

ヨガニードラのクラスをもしスタジオの外から傍観している人がいるとすれば、生徒たちは何もしていないように見えるかもしれません。

しかし、体を動かさず、目覚めた状態でありながらも【眠ったとき以上の心地よさ】を体験出来るという驚きのヨガなんです。

もともとこのヨガニードラは伝統的なヨーガ行法の位置付けとしては、アシュタンガヨーガ(八支則)の5つ目「プラティヤハーラ/制感」に当たるとも言われています。

現代では、ヨガニードラのリラクゼーション効果に注目が集まり、疲れやストレス解消の目的で行われることが多いです。
ストレス社会と言われる現代人にとって、とてもマッチしているクラスと言えますね。

サンカルパで夢を叶えよう

ここでは「サンカルパ」についてお話ししていきます。

ヨガニードラは仰向けの状態でくつろぎながら、ボディスキャンや呼吸法をするなかで瞑想状態に入っていく他に、自分の願いを心の深いところに働きかけることもしていきます。

それが「サンカルパ」です。日本語だと「大願」という言葉が当てはまります。(この方法はアファメーションとよく似ていますね。)
体と心の緊張が解けた状態で、思考のフィルターなしにあなたの願いを心の深いところに届けてあげて下さい。

サンカルパはヨガニードラを行う前に決めておきますが、クラス中に何を願うかわからない時は、例文を提示するので安心して下さい。

※アファメーション・・・肯定的なことばで断言し、潜在意識に働きかける技術。

ヨガニードラの効果

受講後の効果や感想は様々あると思いますので、実際の生徒さんのお声をいくつかご紹介します。

・リラックスできた
・イライラ解消
・睡眠の質が上がった
・覚醒して一日中充実した時間を過ごせた
・気持ちが落ち着く
・疲れがとれた
・自己肯定感が上がった
など

どれも魅力的な効果ですね。でも大事にしてほしいことがあります。
上記含めて「ヨガニードラ 効果」とWEBで検索すれば、様々な効果が出てくると思います。
しかし、僕の経験則上、体調や心の状態により感じる感覚がその都度違うので、情報を鵜呑みにしないで、ぜひ自分で体験して欲しいです。

瞑想のその先へ

先人達から伝承されてきたヨガニードラが現代でもこのように実践されている事を思えば、私たち人間が自分の内側にある心に静寂を求めるということは普遍的な生きる上でのテーマなのかもしれません。

BASEではヨガニードラを深めるために、60分クラスのうち20〜30分は体を動かすヨガをして身体を調整してから、ヨガニードラへと入ります。
アクティブに動くのが好きな方もたまには自分を見つめるために、この寝たまんま行うヨガにも参加してみてはどうですか?

WRITER
NAOKI ナオキ YOGA STUDIO BASE 代表
ビギナーでもわかりやすく丁寧な誘導かつ、個々のヨガを最大限に深めるクラスに定評があり、次世代ヨガティーチャーとして全国に活動の場を広げている。
現在、スタジオ経営やクラス・イベントでの指導の傍、モデルなど多方面でも活動中。
BASEでヨガを学びたい方はこちら

RANKING

アクセスランキング

週間 総合