BASE YOGA MEDIA

2018.09.30.Sun │ 活動の記録 【報告】ヨガフェスタ横浜2018〜ASUKA’S REPORT〜

LINEで送る
Pocket


こんにちは!
BASEのASUKAです。

私は09/15(~17)に開催されたアジア最大級のヨガイベント“ヨガフェスタ横浜”で初めてクラスを担当しました。
あれから二週間が過ぎようとしています。BASEの生徒さんから「ヨガフェスタ横浜はどうでしたか?」と尋てもらうことも多く、気にかけてくださることをとても嬉しく思っていました。

そこで少しですが、今回は初めてヨガフェスタ横浜でクラスを担当した私の視点から皆さんへご報告もかねて、ヨガフェスタ横浜にかける想いや当日の様子を綴ってみました。

ヨガを一日中楽しめるイベント!!!

ヨガフェスタ横浜は、横浜港みらいホール、横浜港みらい臨海パークで開催されます。下の画像を見てわかるように、アジア最大級とあって、数多くのエリアがありました。

アカデミーエリア、ショーケースエリア、パークエリアと三つのエリアがあります。三つのエリアで三日間行われることもあり、有名ティーチャーのレッスンなど、様々なヨガを体験できるようにプログラムされていました。その中の一つ、臨港パークが会場となるパークエリアではパークヨガ/トライアルクラス/SUPヨガの三ステージが設けてあり、全て無料でヨガを楽しむことができます。

好奇心から生まれたチャンス

私はずっとヨガフェスタ横浜でクラスを持つことが大きな目標の一つだったんです。
いきさつをご説明すると・・私はヨガの資格であるRYT200取得を目指しているときにお世話になった恩師から「あすかならヨガフェスタ横浜に絶対でれるよ!」との言葉をかけてもらったことがありました。ヨガフェスタ横浜のトライアルクラスは”数々の有名ティーチャーを輩出”や”ヨガティーチャーの登竜門”と言われていて、好奇心旺盛な私は「出てみたい!!!」とうずうず。
恩師にとって何気ない一言だったのかもしれませんが、私はそれを本気にしてしまいました!!!!私めちゃくちゃ単純なんです!!!!!(笑)

それからはずっと心の中で、
横浜ヨガフェスタに出れる!!出たい!!!出る!!!!
と想像を膨らませていました。

BASEメンバーの中ではNAOKIも去年トライアルクラスでの指導を経験していて、当時の話を聞いては「いいなぁ〜」と思っていたんです。
応募資格が指導歴四年以下の方と知ったときは

「え、、、私、受ける資格あるやん!!!」(目キラキラ)

ということで、迷わずオーディションに応募。
ありがたいことに一次審査、二次審査と通過することができ、パークエリアで開催されるトライアルクラスを担当する資格を得ました!

それからは外ヨガということを念頭におき、参加してくれる方に喜んでもらえるようにと想像しながらクラス内容や流す音楽などを詰めていきました。憧れの場所に立つにあたり、いろんなことをワクワクしながら妄想して過ごしていました。

本番のクラス

【REPORT】YOGAFEST YOKOHAMA 2018

上記【REPORT】YOGAFEST YOKOHAMA 2018の記事でも触れていますが、
この日は雨、、、しかも大雨、、、、なんとも運が悪い、、、、、クラスの開催はできないなと思い落ち気味に。諦めつつも「どうか雨が止んで欲しい!」と願っていました。

そしたらなんと!!!!
午後からは雨が止み始め、ヨガフェスタ運営の方たちが会場のテントを建てるために上のっている雨を取り除く作業を繰り返し、クラス開催に漕ぎ着けることができたんです!(ありがとうございます!奇跡です!!!!)

こうして始まった私のクラスタイトルは【バランスポーズにChallenge!〜 自然と大地のヨガ〜】

開放的な空間を最大限に楽しんでもらいたかったので、サブテーマは"自然と大地のヨガ"。
ヨガをしながら広くて大きい大地を感じることはパークエリアでしか味わうことができない魅力です。身体を動かす心地よさを味わってもらえて、心はもう晴れ気分でした。
最後は、安定した土台とバランス力が必要なポーズ、”ブリクシャアーサナ”で、知らない人同士手を取り合い、ヨガの語源でもある”繋がる”を作りました。

みんなでブリクシャアーサナ(立木のポーズ)

片足立ちで不安定なポーズですが、両サイドに【人の存在】【人の支え】があると思ったら、なんだか安定するんですよね。不安定な時こそ、一人じゃないことを感じる。そんな思いも込めて、参加者の皆さんには手を取り合いながらブリクシャアーサナをとってもらいました。私も入りたくなって、思いつきで皆さんの”繋がる”に入らせてもらいました。そんな温かな人の存在を、知らない人同士で感じれるのは、外ヨガの魅力だと思っています。

憧れの舞台に立って

ウェアは海辺からの爽やかな風をイメージした水色の短めワンピースと白いレギンスをチョイスしました。

オーディションを受ける前、クラスをするまでに、自分について沢山考えたんです。
自分のどんなところを”良い”としてクラスで表現していくか。自分の”良い”を表現できれば、それが皆さんの満足度に繋がる一つだと思っていたんです。そんな時に、トライアルクラスについてアドバイス下さっていたヨガワークス伊澤加奈子さんより”等身大で”との声かけを頂き、今の自分をそのまんまに見栄を張らず背伸びもせず表現して、皆さんに喜んでもらえることだけを最大限に考えて全力でクラスを提供することが一番いいのでは?と思いました。
こうして悩んで出来たクラスを参加者の皆さんと出来たこと、最後に皆さんの笑顔を見れたこと、「もっと受けてみたい」と言って下さった方がいたことが本当に嬉しかったんです。

この経験を活かして、今後も皆さんが楽しめるようなクラスを提供できたらなと思っています。

又、私の活動拠点であるBASEでも10月8日(祝)にパークヨガ企画していますので、ご興味がある方はぜひパークヨガを体験してみてください。
2018年10/ 8(月・祝)第5回 パークヨガ開催のお知らせ

ちょっと熱くなり過ぎて、長くなってしまいました。最後まで読んで下さった方ありがとうございます。
自分の写真ばかりになってしまいました。【ASUKA’S REPORT】だからといって調子に乗らせて頂きました。この記事だけはご了承ください。(笑)

WRITER
ASUKA アスカ 幼少期に、川や山、田んぼに囲まれた大自然のなかでの自由に過ごした経験から、頭を働かせるより、身体を動かせることが好きで、大学ではランニング、社会人になってからは、ヨガ、ボルダリング、山登り等のアクティビティが趣味に。
ヨガには“人生を楽しくさせるヒント”が沢山あります。私が考えるそのヒントは、《自分のことを知ること》だと思っています。クラス後は、自分のこと、自分の身体のことについて、ぜひ共有して頂きたいです。
BASEでヨガを学びたい方はこちら