BASE YOGA MEDIA

2018.08.28.Tue │ クラス紹介 ヨガベース〝初心者も安心!基礎からアーサナの作り方をマスター〟

LINEで送る
Pocket


こんにちは。ヨガティーチャーのNATSUKIです。
BASEでは初級/基礎のクラスになるヨガベースについてお話ししていきたいと思います。

ヨガベースって?

まずは、なぜヨガベースって名前なの?ということですが、「ベース」を英語で綴ると「BASE」と書きます。
日本語訳にすると「基礎、土台、基部」などの意味があります。
土台という言葉は「もとい」や「根本から、もともと、元来」といった意味があり、また建築現場でもよく使われている言葉です。
(建築では土台は基礎の上に横に据える木のことを指します。)
建築物は基礎や土台がしっかりしていないとどれだけ立派に建物を組み立てても崩れてしまいます。
それは人の体でも同じことで、足元(基礎、土台)がしっかり作られていないと上半身は位置が定まらず安定してきません。

なのでヨガでも何となくアーサナを型作るだけじゃなく、基礎や土台となる足元から丁寧に作っていきます。
それがこのヨガベースのレッスンになります!
一つ一つ丁寧に足元から整えながらヨガのポーズを作っていきましょう。

ヨガベースはどんなクラスなのか

ヨガ初心者の方にまずオススメしている「初級/基礎クラス」にあたり、BASEの全クラスの中でもっとも大事にしているクラスです。
まずは体の使い方やヨガの呼吸について学びながら一つ一つのアーサナを丁寧に練習していきます。
正しいアーサナの取り方や呼吸の仕方を身に付けると、怪我なく安全にヨガが楽しめるだけでなく、アーサナの効果が最大に発揮されます。
ヨガが初めての方から、練習を継続されている方まで幅広い層におすすめのクラスです。

アーサナの基本的な動き


ヨガのポーズ(アーサナ)はとてもシンプルな身体の使い方の組み合わせでできています。
そのシンプルな動きは「前屈」「後屈」「ねじり」「バランス」です。ヨガベースではこの動きを一つ一つ丁寧に行いながらアーサナを組み立てていきます。
この4つの動きを自由に使いこなすことができれば、一見複雑に見えるアーサナも作りやすくなります。
ヨガベースに入って身体の基本的な動き知りアーサナの作り方をマスターしましょう!

最後に

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、このヨガベースはこのスタジオ、BASEのコンセプトに沿ったレッスンです。
だからこそ「初級クラス/基礎クラス」等の誰がみても分かる名前のクラスではなく「ヨガベース」と名付けられました。
是非お時間ありましたら、なぜ スタジオ名が「YOGA STUDIO BASE」になったのか、BASEに隠された想いを書いた記事を読んでみてください。
BASEについて

少しお話しが逸れましたがヨガベースは基礎を大事にしているクラスなので、ヨガが初めての方や体験レッスンにお越しの方には非常におすすめです。(身体の動かし方を丁寧に誘導していきますので初めてでも安心して受けていただけますよ。)

ヨガベースでヨガの基本の動きをマスターして様々なレッスンにチャレンジしていきましょう!

WRITER
NATSUKI ナツキ 聞き取りやすい声でのレッスンに定評があり、老若男女問わず支持されるヨガティーチャー。

わたしはヨガを通して様々なことを学びました。
それを今度は皆さんに伝えていきます。
でも難しいことはあまり考えずにヨガを純粋に楽しんでいただければと思います。
BASEでヨガを学びたい方はこちら