BASE YOGA MEDIA

2018.11.26.Mon │ クラス紹介 骨盤底筋トレーニングヨガ〝キツイけど効く!インナーマッスルにアプローチして体幹を鍛えよう〟

LINEで送る
Pocket


こんにちは!BASEヨガティーチャーのSAYURIです。

突然ですが、咳やくしゃみ・走った時などに、尿が漏れてしまった経験はありませんか?
症状が軽く病気というわけでもないし‥となかなか病院に行かなかったり‥。
恥ずかしくて誰にも相談できず、人知れず不安に感じている方が多いと言われています。

そんなあなたに、今からご紹介する【骨盤底筋トレーニングヨガ】がオススメです!

骨盤底筋について知っていますか?

骨盤の最も底にあり、膀胱、子宮、直腸、妊娠中の方は赤ちゃんの重さも支えてくれいる大切な筋肉が骨盤底筋です。

骨盤底筋は“骨盤底筋群”と総称されていて、肛門挙筋・会陰横筋・外肛門括約筋・外尿道括約筋・球海綿体筋・坐骨海綿体筋などから構成されています。


骨盤底筋が緩むと、冒頭にあった咳やくしゃみをしたり、走った時に尿が漏れてしまう・ひどい場合、膀胱瘤・子宮脱・直腸瘤などの臓器脱に繋がります。
特に女性は、妊娠・出産で負荷がかかり、閉経後のホルモン分泌の低下、加齢による筋力低下などで、上記の症状が起こりやすくなります。
骨盤底筋も他の筋肉と同じ様に鍛えなければ衰えるのでトレーニングする必要があります!!

ここまで聞いていると女性だけ?と思うかもしれませんがそうではなく、男性にも効果的!!
なぜなら骨盤底筋は体の深層にある筋肉(インナーユニット)の一部のため、体幹トレーニングとして有効だからです!
インナーユニットとは・・・体の深層にある筋肉で、上が横隔膜・前側が腹横筋・後側が多裂筋・下が骨盤底筋なのです。

骨盤底筋のトレーニング方法

骨盤底筋をトレーニングするためには以下のような骨盤底筋の特徴を理解しておく必要があります。

①鍛えても大きくなりにくい。
②深層にある。
③関節をまたいで付いていないのでちゃんと動かせているのかが分かりにくい。

以上のことから、確実な直接的アプローチが難しいとされてきました。

では、どの様にしてトレーニングをするのか。

まずは骨盤底筋とその周辺筋肉との関係から説明しますね。

・骨盤底筋はお尻の深層にある腿を外回しにする筋肉(内閉鎖筋)とつながっています。
・その内閉鎖筋に腿を内に寄せる筋肉(内転筋群)がつながっています。
・その内転筋群には腿を後ろに引く筋肉(大臀筋下部)がつながっています。

つまり、骨盤底筋にアプローチをかけるには、内閉鎖筋内転筋群大臀筋下部これら3つを働かせる必要があるんです。

スタジオプログラムにある“骨盤調整ヨガ”との違い

“骨盤調整ヨガ”は周辺の筋肉を鍛え整えていくことで、美しい姿勢づくりが目指せたり、腰痛や肩こりなどの改善も期待できます。
骨盤調整ヨガについての詳しいご紹介はこちらのボタンを押してご覧ください。
骨盤調整ヨガ

“骨盤底筋トレーニングヨガ”は、触れられない・意識しにくい深層の筋肉である骨盤底筋への働きかけを目的にそこに繋がる周辺筋肉を集中的にアプローチをすることで骨盤底筋をトレーニングしていき尿漏れや臓器脱が起こりにくい体を目指します。

今はまだ症状を感じていない方にとっては尿漏れや臓器脱の予防にもなります。

私にはまだ関係ないなんて思わずに、“悩み”になる前段階からしっかりアプローチして鍛えていきましょう!!

10年先も20年先も、もっと先まで!アクティブな自分でいれるように。

健康寿命を長く保てるような運動を始めましょう。

一人ではきついけど、皆んなでやるから頑張れる!そんなレッスンです。
継続する事で将来の不安が解消され心の安定につながります。

WRITER
SAYURI サユリ ヨガが初めての人も深めたい人も楽しめる様なレッスンを心がけています。
私はヨガに出会って、考え方や生活が少しずつ変わっていき、幸せだなと感じる瞬間がたくさん増えてきました。
人生を豊かにして欲しい!『生きる』をめーいっぱい楽しみましょう!そのサポート全力でします!!
BASEでヨガを学びたい方はこちら