BASE YOGA MEDIA

2018.09.11.Tue │ クラス紹介 マタニティヨガ〝妊娠16週以降からはじめるママの出産準備〟

LINEで送る
Pocket

こんにちは!BASEヨガティーチャーのSAYURIです。
今日は私が担当しているマタニティヨガについてお話をします。

マタニティヨガとは

妊娠すると、新しい命が宿った喜び!!の反面、誰しも出産や産後の不安を抱えるもの。ホルモンバランスの変化から体調が不安定になるなどコントロールできない自分の心と体に戸惑うことが増えると思います。そんな幸せと不安が入り混じる女性にとっては特別な約10ヶ月のマタニティライフ。それをサポートするのが、マタニティ専用のヨガクラス『マタニティヨガ』です。

最近では産婦人科でもマタニティヨガのクラスを開催している所が多いようです。それだけ妊婦さんにもオススメのマタニティヨガ。
BASEでもマタニティヨガを開催していますので、どんなクラスをしているか紹介していきます。

BASEでマタニティヨガをはじめよう


■対象者は?
妊娠16週以降・主治医から運動の許可が出ていれば参加していただけます。
■ヨガ初めてでも大丈夫ですか?
参加者はマタニティからヨガをはじめる方が多いのでご安心ください。まずは体験レッスンにお越しください。(HPやお電話からご予約受付しています。)初日はクラス前にカウンセリングシートをご記入頂きます。丁寧にご要望やお悩みなどもお伺いさせてもらいますね。
■クラス参加人数は?
おひとり、おひとりに目が行き届くように、クラスは少人数制(5人まで)です。

BASEでのマタニティヨガはどんなことをするの?

ボルスター(クッション)やブロックなどの道具を使って、アーサナ(ポーズ)をマタニティバージョンでとっていきます。
他にもお産に役立つ呼吸を練習したり。ゆっくり身体を緩めたり、時には筋肉を使ったり、参加者の状態に合わせてクラスを進めています。枚方スタジオ、香里園スタジオともに開催しています。(香里園スタジオは通常ローホットの環境ですが、マタニティヨガの際は妊婦さんの体調を考慮して、常温にて行いますのでご安心ください。)

妊婦さんに多いお悩みとは‥?

・背中・腰の痛み
・お尻の痛み
・むくみ
・こむら返り
・恥骨・仙骨の痛み
・体のだるさ
・運動不足
・夜寝れない
・胸焼け
・体が硬い
etc..

妊娠・出産はとても個人差があります。同じ妊婦や出産経験者でも体験することは環境や体質によって様々。一つ一つの妊娠・出産にはその人だけのストーリーがあり、その人だけのかけがえのない人生の経験とも言えます。
しんどい時というのは「我が子のためなら頑張れる!」そんな強い母性が芽生える時なのではないでしょうか。いつか笑い話になり、武勇伝になるかも!?愛しい我が子に出会えるまで一緒に頑張りましょうね。

マタニティヨガをする理由は‥?

出産に向けて母親になる心の準備
妊娠中に起こる痛みの軽減
体液循環を促し、むくみ防止
リラックス
体力・筋力作り
お腹の中の赤ちゃんと過ごす時間
など

マタニティヨガの時間を通して、刻一刻と変化していく自分自身と向き合い、見逃しがちな心身からのサインに気づくことこそが抱えていた悩みの改善へと繋がっていくと思います。

〜これからマタニティヨガを受講する方へ〜

私がこのマタニティヨガで1番大切にしている事は、〝心の準備〟です。
人それぞれ、思い描いている出産・育児があると思います。「自然分娩がしたい!」「女の子が欲しいな♪」「出産後はできるだけ早く仕事復帰したい!」‥等。ただ、時には自分の思っていた未来とは違う現実が訪れるかもしれません。
理想像を1つと決めず、いろんな選択肢をもっておくことで柔軟に対応できる心構えができるのではないでしょうか。
ヨガを通して、自分に与えられた環境をあるがままに受け止め、愛することの大切さもお伝えしています。

人生の中で妊娠している期間は短く、貴重なものです。改めて命の尊さや神秘に触れる期間でもあります。
お母さん自身が自分を大切にすることは、生まれてくる赤ちゃんのためにもなります。
マタニティヨガにはリラックスのためやお産のためにできることが沢山あります。
是非BASEで、あなたのマタニティライフをサポートさせて下さいね。

WRITER
SAYURI サユリ ヨガが初めての人も深めたい人も楽しめる様なレッスンを心がけています。
私はヨガに出会って、考え方や生活が少しずつ変わっていき、幸せだなと感じる瞬間がたくさん増えてきました。
人生を豊かにして欲しい!『生きる』をめーいっぱい楽しみましょう!そのサポート全力でします!!
BASEでヨガを学びたい方はこちら