BASE YOGA MEDIA

2019.08.05.Mon │ クラス紹介 アヌサラヨガのメソッドが入ったオリジナルクラス ハタヨガA

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは!
BASEヨガティーチャーAIKOです。

このクラスをBASEで開催するのが、私のひとつの『夢』でした。

熱い想いがいっぱい詰まった「ハタヨガA」。
早速クラスの紹介をさせていただきます。

ハタヨガAは(仮名)です。

ハタヨガとは、大きく分けて身体を使って、アーサナ(ポーズ)を行うヨガのことを指します。

「ヨガ」と言っても種類が多く、ハタヨガはヨガのほんの一部で、哲学を学ぶヨガや歌を歌うヨガなど・・・種類はかなり豊富です。

そのハタヨガの中にも、さまざまなヨガの流派が存在します。そして、私が現在学び、正式認定指導者への道を進んでいるヨガの流派がアメリカ発祥の「アヌサラヨガ」です。

このアヌサラヨガ、正式認定指導者への道のりが、ものすごく長いのです。現在日本には正式認定者は1人しかおられません。

ただこの素晴らしいメソッドに、恋をした私。
険しい道のりだとはわかっていながら、進む覚悟を決めています。

そこでこの素晴らしいアヌサラヨガをBASEの生徒さんに提供したい。BASEにきた頃から、ずっとずっと夢見ていたのでした。

ただまだ私はアヌサラヨガ指導者への道中。

「アヌサラヨガ」というタイトルでクラスができません。ですので、「ハタヨガA」というタイトルでエッセンスを取り入れながらクラスをさせていただきます。

「アヌサラヨガ」については次に詳しくご紹介しますね。

アヌサラヨガとは・・・

Anusara(アヌサラ)とは・・・
サンクスリット語で「心に従う」「流れに寄り添う」という意味がある。

概要を短くグッと要約してみました。

1997年にジョン・フレンドによって創始された現代的なハタヨガの体系で、心を重要視したヨガ。

アヌサラヨガとは、あらゆる人と事物に“善”を見出し、人生を肯定的に捉えるタントラ哲学と、ポーズのアライメントにおける普遍的原則を統合し、一緒に練習するKula(クラ)と呼ばれる仲間(コミュニティ)を3本柱とする。

毎回のクラスにはハートテーマがあり、ヨガで得た経験が、マットの上だけに限らずマットを離れても人生に活かされるところが特徴です。

ただこの説明だけだと、少しクラスのイメージが捉えにくいですよね。

ここでは、私が“いいな”と思う、アヌサラヨガの特徴を伝えていきたいと思います。

AIKO的アヌサラヨガの特徴


その1:タントラ哲学のあるヨガ
ヨガをしていて心の変化に気がつく方は多いと思います。
さらにこのヨガで感じるスッキリ感だったり、心が落ち着くのはなぜなんだろう・・・とふと考えたことがある方もいるのではないでしょうか。

私もこの言葉にできない感覚は一体なんなんだろう・・・と今も興味津々なのですが。

このアヌサラヨガのベースにあるタントラ哲学に出会って、学ぶうちに「感覚的」なものを言語に置き換えて理解できることが少しずつ増えてきました。

哲学が全てではありませんが、哲学は先人の叡智。
その叡智に触れて、身体を使って体感をして、そしてヨガマットの上だけでなく、自分の人生を豊かにする。
身体を動かして楽しい!!の先にあるヨガの深さに触れることができます。

このタントラ哲学については理論からではなく、経験から学ぶのが大事だと思うので、クラスの中で少しずつお伝えできたら思います。

ハートテーマによって、なぜ今このポーズをするのか?とリンクしてクラスが進行します。

いつかハタヨガAで少しずつ経験したタントラ哲学を総括して、さらに深めるような「タントラ哲学ワークショップ」をしてみたい・・・これは次の私の目標です。


その2:シンプルな5つのステップで身体が変わる
身体にはたくさんの関節や筋肉その他のさまざまな要素があり複雑に連携をして、身体は動きます。

でもヨガをするとき、この全てを意識して使うのは無理ですよね。(できたらいいな〜とは思いますが笑)

アヌサラヨガのポーズのアライメントにおける普遍的原則ではシンプルにまとめられた5つのステップで身体を使っていきます。

これを徹底的に行うことで、複雑な身体を効率よく使うことができます。一気に理解するのは難しいので、これもクラスの中で実践してみましょう!

ただ、すごく面白いステップなので、簡単にご紹介しますね!

ステップ1
Set the foundation
セットザファンデーション 
【土台を丁寧にセットする。】←これは全ての基本!
 
Open to Grace
オープントゥグレース 
【体側を長く、内側から光るように、身体の表面はソフトにする】
 
ステップ2
Muscular Energy
マスキュラーエナジー 
【身体の末端から中心に引き寄せ・筋肉を強くする】
 
ステップ3
Înner Spiral
インナースパイラル 
【身体の内側→背面→左右へと向かうスパイラル】
 
ステップ4
Outer Spiral
アウタースパイラル 
【身体の中心→前面→外へと向かうスパイラル】
 
ステップ5
Organic Energy
オルガニックエナジー 
【身体の中心から末端へ拡張する・エネルギーが拡がる】

やみくもに練習をして怪我をしてしまう前に、ぜひこの普遍的原則に触れてみてほしいです。
クラス中はきつくても、終わった後は特別なしっくり感が得られます。(私はこの感覚が大好きです!!)

その3:人間は、人と人。その間にこそ美しさがある。
アヌサラヨガでは、ペアワークや生徒同士で、お互いポーズのサポート(アジャスト)をする場面が多くあります。

人の手を借りることで、1人でできなかったポーズを経験できたり、人のサポートをすることで、自分がポーズをするときに、気をつけるべき点が見えてきたり、より効率的に練習ができます。

そうやって一緒に練習をする仲間(コミュニティ)をKula(クラ)と言うのですが、ただ一緒に練習する以上の関係があると感じます。

私は、人って本当にどこまでも一人一人が特別で美しくてユニークだと思うんです。

でもひとりぼっちだとその違いやユニークさに気がつくことができない。
人と人の間にこそ気づきがあり、自分のユニークさに気がつくチャンスがある。

そして、あなたのユニークさが周りの人たちの気づきのチャンスになる。
だから人間って、コミュニティの中でこそ自分の美しさに気がつけるんだと思います。

こんな方にオススメです!

・ヨガがますます楽しくなってきた人。
・身体を動かすことが好き。いろいろな身体の使い方に興味がある。
・丁寧な練習が好き。
・効率的なアーサナ(ポーズ)の練習方法を知りたい。
・新しいことをするのが好き。
・安全な練習方法を知りたい。
・身体を動かすヨガの先にあるものについて知りたい。
・ヨガインストラクターをされている方のプラクティスの場として
・心の仕組み。世界の仕組み。哲学に興味がある。

もちろん!上記に該当していなくても、きっと楽しい練習になるでしょう♪

「ハタヨガA」に込めた私の想い。


私はBASEでヨガを伝えるときにどのクラスでも、大事にしている想いがあります。

人生の”楽しさ”に触れてほしい。

自分自身を大事にして生きることの素晴らしさを思い出してほしい。

学校では誰も教えてくれない、身体の使い方を知ってほしい。

自分の人生の主役は自分だと気づいてほしい。

本当はすべてから自由だったと感じてほしい。

本来の笑顔で笑えて、その笑顔が周りの人を照らすと知ってほしい。

自分を癒すのも、元気にするのも、幸せにするのも、自分の手の中にかかっていると伝えたい。

大人こそ自分自身にワクワクして、期待に胸躍らせて生きていい。

その姿をきっと子供達は見ていると信じてる。

そして、「ハタヨガA」はこの想いを最大限に表現・実践できる場になると思っています。

少しでも興味を持ってもらえたら・・・
ぜひ一緒に練習しましょう!!

Let’s practice!!!!

(*一部写真は写真家:@satoru_photographyさん撮影のもの。)

WRITER
AIKO アイコ 初心者の方にもわかりやすく、心地よいアジャスト、クラスにくると元気になると定評がある、エネルギッシュなヨガティーチャー。

日々、心の底からヨガが好きなんだと実感しています。
特に身体を丁寧に扱うヨガが大好きで、そうやって身体を大事にしていると、心が満たされる感覚が沸き起こってきます。
心は身体に現れると知り、身体を観る技術を磨いています。「あなたの身体は可能性の宝庫!」

ヨガを通じて、
大人こそ自分の可能性をあきらめないで、
今この瞬間から、人生にワクワクできるんだと伝えたい!!!
一緒に思いっきりワクワクした大きな子供を目指しませんか?
BASEでヨガを学びたい方はこちら

RANKING

アクセスランキング

週間 総合