BASE YOGA MEDIA

2020.03.11.Wed │ ヨガトーク 毎日のキレイをつくる和食レシピ♪ 最高のオイル「Ghee(ギー)」をつかった玄米焼きおにぎり

LINEで送る
Pocket


こんにちは、BASEのAYUMIです。

以前もご紹介した最高のオイルと呼ばれる「Ghee(ギー)」。

インド・スリランカの伝統医学「アーユルヴェーダ」の治療の際に使われていことで知られていますが、最近は食用としての注目も集めています。

▼まだ記事を見ていない方はこちらからcheckしてください♪

最高のオイル「Ghee(ギー)で健康習慣を始めよう!

前回ご紹介したギーコーヒーはもちろん、カレーやスープに入れてコクを出すことにも一役買ってくれます。

では、実際私たちの食事の中心となっている「和食」にも合うのか?ということで、今回は玄米ごはんとの相性をシェアしていきたいと思います。

まずは玄米ごはんを準備

最近は健康のために玄米を自宅で取り入れている方が増えていますよね。

▼玄米の美味しい食べ方が気になる方はこちらをご覧ください!
玄米の効果と美味しい食べ方

私も玄米食をしています。

最近はアレンジを楽しんでいて、玄米を炊くときに一緒に切り干し大根と小豆を入れています。

切り干し大根のほのかな甘みと小豆のホクホクな食感、栄養がたっぷりとれてお気に入り♪

この後にご紹介する焼きおにぎりレシピで使っているおにぎりもこの玄米をつかったものになります。
簡単で美味しいので是非お試しください!

Gheeを使った玄米焼きおにぎり

では、早速作り方をご紹介します。
と、いっても玄米おにぎりをギーで焼くという超簡単なものですが(笑)

写真とともにお伝えしていきますね!


①まずは、Gheeを適量フライパンに入れて中火で熱します。


②熱されたフライパンに玄米おにぎりを入れて、少しカリッとするまで両面焼いていきます。

③両面焼けたらそこにお醤油を適量垂らす。お醤油が入ると焦げ付きやすくなるので慎重に。これも両面行います。

はい、もう出来上がりです!
良い匂いがしてきてます♪

肝心の味の方ですが、Gheeを熱することでより香りが増しバターのような風味になりました。
ちょうどバター醤油の味に近いかもしれません。
和の食材である玄米とも相性バッチリ!他の和食料理にも使えそうです♪

AYUMI

お子さんやご家族がちょっと残したごはんなどで作ってみたり、お弁当のおにぎりにしてみてもいいですよ。今回は玄米で作りましたが、白米で作ってもらってもOKです!

みなさんもGheeの使い方を探ってみては?


今回作ってみて、実際に和食にも合うと分かったので、他にもいろいろ試してみたくなりました!

お味噌汁に入れても美味しいという情報もありますよ。

バターを使うように、コクを出す隠し味のような感覚で使ってみると料理の幅が広がりそうですね。

気になった方は試してみてください♪

みなさんも普段の食事にGheeを取り入れて体の中から健康になりましょう!

WRITER
AYUMI アユミ 20代はアパレル業界で働き、体を動かす事など全くない生活を送っていました。
そんな私が30代に入り、体型が気になり始めたこともあって、以前から興味のあったヨガの世界へ。
そこで、大人になっても”楽しい”ということが大きな原動力になることをヨガ通して学び、
今度はそれを伝える側に回ることを決意。
みなさんの生活がより豊かなものになるよう、ヨガを通じてお手伝い出来たらと思っています。
ぜひ、BASEでヨガのあるlifestyleを一緒に楽しみましょう!
BASEでヨガを学びたい方はこちら

RANKING

アクセスランキング

週間 総合