BASE YOGA MEDIA

2019.11.12.Tue │ ヨガトーク 注目の検索ワードを追え! 「デジタルデトックス メリット」編

LINEで送る
Pocket

こんにちは!BASEのMUTSUMIです。

皆さんは、1日の間にどのくらいパソコンやスマホの画面を見て過ごしていますか?

ちょっと手が空いたら、インターネットを見ている方やSNSをチェックしている方も多いんじゃないでしょうか。

現代人は仕事でも、プライベートでも常にネットと繋がっています。

そんなネットホリック(ネット中毒者)に捧げる今回の記事は、

「デジタルデトックス」について。

パソコン、スマホ、ネットがライフスタイルを激変させた

今から遡ること約2~30年前。

1990年代頃にパソコンが一般家庭に普及しだし、同時にインターネットの普及がはじまりました。

そして、2000年代に入り、ガラケーと言われた携帯から、パソコンのように高度な情報処理が行えるスマホ(スマートフォン)を一人一台持つ時代に。

MUTSUMI

SNSでの人々との交流や新幹線のチケット予約、ユーチューブで動画の閲覧、オンラインショッピングなど。。私たちがこんなにも身近にネットに触れる生活を送ってきたのは、ここ10年ちょっと。今じゃ当たり前すぎて、これらがなかった世界をもう思い出せないくらいです。

あなたも陥っているかもしれない〝スマホ依存〟


最近では、企業がインスタグラムの宣伝効果を見込んで、今までは写真撮影できなかったLIVEや美術館などでも撮影オッケーとなることが増えました。

私が実際に美術館で驚愕したことなんですが、展示作品の前に1,2秒立ち、写真をパッと撮って、その次の作品の前に行って、パッと撮って・・・をものすごいスピーディに繰り返している方を目撃したことがあるんです。
そう、全然見てない・・!

『せっかく実物(本物)がそこにあるのに、画面を通して見て、写真に記録したらそれでいいの???それって、ネットでその作品を見ているのと一緒じゃんっ・・』っと少し複雑な気持ちになりました。

記録すること、誰かにシェアすることが目的になり過ぎると、見失うものがある。

【人の振り見て我が振り直せ】

と肝に銘じました。

MUTSUMI

写真撮影やSNSをしたらダメということではなく、実体験を大切にして、スマホと心地いい距離感で付き合うことが大切だと思います。
これは他人事ではなく、私にとっても課題の1つです。

「デジタルデトックス」とは何か?

と、いつしかスマホが生活の一部となった私たち。

今までは、デジタル分野の新しい発展や利便性を喜んで享受してきましたが、次第にその弊害が生まれてきたのです。

例えば、皆さんの中にこんな習慣やお悩みをお持ちの方はいませんか?

・パソコンやスマホのやり過ぎで慢性的な眼精疲労、首や肩こり、腰痛がある。
・プライベートの時間も仕事のメールがあるとすぐに返信することを求められている。 (してしまう。)
・いつでもネットで最新情報をキャッチしていないと気が済まない。
・SNSで誰かと繋がっていないと不安になる。
・SNSで他人の生活レベルと自分を比べて落ち込んだことがある
・インスタグラムのフォロー数やいいね数が気になる。
・インスタグラムに載せたくて行動することがある。
・見逃した投稿がないか気になり何度もSNSにログインしてしまう。
・見たいと思っていないのに、気づけばスマホに手が伸びている。
・暇があれば、何時間もネットサーフィンをしてしまう。
・オンラインショッピングサイトを見ていたら、いらないものを衝動買いしてしまう。
・お風呂やトイレにまでスマホを持って行って片時も手放せない。
・休みの日は携帯ゲームばかりしてしまう。
・ご飯を食べる時もスマホを片手に持っている。

「デジタルデトックス」とは、ネットやSNSから距離を置くこと。

上記の白枠内に上げたように、ネットが身近にあることで、それ以前の時代にはなかった心身の不調を多くの方が訴えています。

近年では、〝脳過労〟〝オーバーフロー脳〟と呼ばれる、スマホによる意欲減退や記憶力の低下など脳へのダメージも問題になっています。

そんな方に、必要なのが「デジタルデトックス」です。

「デジタルデトックス」の効果

デジタル通信から離れる暮らしをすることで、前項目で挙げたデジタル社会特有の慢性的な心身の不調が改善されます。

知らず知らずに陥っていた〝スマホ依存〟から抜け出すきっかけにもなるでしょう。

人によっては、スマホがなかった時代の生活を思い出して新鮮な感覚が蘇り、見えてる世界がきっと変わりますよ。

「デジタルデトックス」に挑戦してみませんか?

仕事でパソコンやメールを使用する方は多いと思いますし、そうでない方もこの時代、全部のネット通信を生活からシャットダウンすることは難しいと思います。

そんな方に、プチ・デジタルデトックスをお勧めします。

例えば・・

1,平日は18時以降は朝までネットを見ない、SNSにログインする時間を決めるなどの時間管理を行う。

2,使用していないアプリやSNSの削除や退会をして携帯をスッキリさせる。

3,電車で移動するときにスマホを見ない。

4,眠る1時間前はスマホに触れない。

5,自分が決めたデジタルデトックスを1週間だけ実践してみる。

なんだか、これならできる気がしませんか?

人生の中の幸せに気づくために・・

私たちは、日常に幸せを感じにくくなっていると言われています。

落ち着く暇なく画面にのめり込んでいて、幸せが『今』に存在していることを忘れてしまっているのです。

もし、ネットのせいで、心身の疲れを感じていて幸せな気持ちを思い出せなくなっていたら、「デジタルデトックス」にトライしてみてくだい!

風や陽の光を浴びて季節の移ろいを肌で感じたり、美味しいものをじっくり味わったり、そばにいる人たちとお喋りして微笑みあう・・

そんな日常の中に当たり前にある小さな出来事の中に喜びを見つけて、毎日をハッピーに過ごしましょう。

WRITER
MUTSUMI ムツミ BASE YOGA MEDIA編集長
泣くことも笑うことも人生のスパイス。そんな風に今を楽しめるのはヨガのおかげです。
運動不足解消でヨガを始めた頃は筋力も柔軟性も低く、できないことだらけからのスタートでした。
少しずつできることが増えていく喜びを知っているからこそ、初心者の方に寄り添いながらヨガの楽しさを伝えたい。
私たちは沢山の可能性の種を内に秘めていて、大人になってからもぐんぐん成長することを実感してもらいたいです。
BASEでヨガを学びたい方はこちら

RANKING

アクセスランキング

週間 総合