BASE YOGA MEDIA

2020.02.02.Sun │ 活動の記録 柔軟性向上トレーニングヨガ 【報告】谷口純子(JUN) 後屈の深め方WS

LINEで送る
Pocket

こんにちは!BASEのMUTSUMIです。

1月19日(日)に谷口純子さん (以下、JUNさん)の「後屈の深め方WS」をBASE枚方で開催しました。

このWSは開催を告げるや否や予約が埋まるほど注目度が抜群でした!

普段は北九州をベースに全国各地で活動しておられ、多くのヨガインストラクターが師事する大変人気のある先生です。

大阪でJUNさんの指導を受けれることが珍しく、参加できた方はラッキーでしたね。

という私も実はこのWSを受講させて頂いた一人。 (BASEからはSAYURI、AIKO、ASUKAも受講させてもらいました!)

貴重な機会を有難うございました。

そこで、WS当日の様子を少しご紹介していきたいと思います。

後屈を安全にとるための知識と準備

まずは「後屈についてどんなことを聞きたいか。」と私たちに問いかけてくれたJUNさん。

4,5名ずつに分かれて、後屈に対しての悩みや疑問をディスカッションして、全員の前で発表しました。

JUNさんはその際にみんなが伝えた一つ一つの問題点を丁寧に聞いてくれて、 WSの内容に盛り込んでくださいました。

ここからは、後屈を安全に深めるために重要な役割を果たす身体のパーツごとに緩める、鍛えるを行っていきました。

後屈に大切な身体のパーツ3つ

・股関節
・胸
・肩関節

胸周りを緩めるための動きなどペアワークで行い、日頃よく使用している組織、また、反対に使われていないことで拘縮している組織の緩め方を実践していくことに。

その次には弱くなっている体の背面の筋肉を活性化。
使われていない筋肉はそれを動かすためのセンサーも弱くなっているため、軽い筋トレのようなもので刺激を入れることで活性化されることを実感しました。

と続いていきます・・

このWSでは、各自のすきな後屈を3つ写真に撮り、ビフォーアフターを見比べましたよ。

丁寧に各パーツをほぐし鍛えるスイッチを入れることで、後屈が確実に深まっていました!

今回行った練習を今後のセルフプラクティスにも取り入れてみようと思います。

JUNさんの弾けるような笑顔と一人一人に真摯に向き合ってくれる姿から大きな愛を感じたひとときでした。

きっと今回のWSを受講したかったと思っている方やJUNさんにまた会いたいと思っている方も多いと思います。
機会があれば第2弾のWSも開催できれば・・と思っています!

お楽しみに!

WSご参加の皆さん、JUNさん、ありがとうございました!

WRITER
MUTSUMI ムツミ BASE YOGA MEDIA編集長
泣くことも笑うことも人生のスパイス。そんな風に今を楽しめるのはヨガのおかげです。
運動不足解消でヨガを始めた頃は筋力も柔軟性も低く、できないことだらけからのスタートでした。
少しずつできることが増えていく喜びを知っているからこそ、初心者の方に寄り添いながらヨガの楽しさを伝えたい。
私たちは沢山の可能性の種を内に秘めていて、大人になってからもぐんぐん成長することを実感してもらいたいです。
BASEでヨガを学びたい方はこちら

RANKING

アクセスランキング

週間 総合