BASE YOGA MEDIA

2018.08.26.Sun │ クラス紹介 南インド発祥の伝統流派 アシュタンガヨガビギナー

LINEで送る
Pocket


こんにちは!
BASEヨガティーチャーAIKOです。

みなさんは、アシュタンガヨガってやったことがありますか?

もしまだ経験したことがないなら、BASEのアシュタンガビギナーがオススメです!

もちろん経験者の方にも楽しんでもらえるクラスです!

どんなクラスなのか解説していきますね!

ASHTANGA YOGAとは?


アシュタンガの父と呼ばれるティルマラ・クリシュナマチャリヤ師が基盤を作り上げました。

彼に師事したシュリ・K・パタビジョイス師が、90年代以降により多くの人に普及するためにアレンジしたのが、現代のアシュタンガヨガです。

アシュタンガヨガの聖地、南インドの都市マイソールには世界中からヨギー、ヨギーニが集まります。

アメリカでヨガブームを巻き起こしたパワーヨガは、このアシュタンガヨガをベースにしてアレンジされたものです。

アシュタンガとはサンスクリット語で「八本の枝(八支則)」

アシュタンガヨガは、八支則を実践するヨガと言われています。

【八支則】
1、ヤマ(Yama/禁戒)・・・してはいけないことリスト
2、ニヤマ(Niyama/勧戒)・・・した方がいいことリスト
3、アサナ(Asana/坐法)・・・アーサナ(ポーズ)について
4、プラーナヤーマ(Pranayama/呼吸)・・・呼吸について
5、プラティヤーハーラ(Pratyahara/感覚の制御)
6、ダーラナ(Dharana/集中)
7、ディヤーナ(Dhyana/瞑想)
8、サマーディ(Samadi/三昧)

献身的に練習に励むことで、より高い自己実現をもたらすというのがこのヨガの教えです。

アシュタンガの特徴


大きな特徴として、全てのアーサナの順番、呼吸と動きのタイミングが定められていて、プライマリーシリーズから始まり全部で6シリーズまであります。

それぞれのポーズをマスターした後、次のポーズを師からもらうというのが特徴的です。

さらに特徴的なのは、マイソールといって主に早朝から行われるマイソールクラス(自主練)です。

呼吸もウジャイ呼吸(胸式呼吸)、アサナごとに決められたドリシティ(目線)、体内エネルギーを体外に逃がさないようにするバンダ(筋肉の締め付け法)を重要とします。

実は・・・
毎回、クラス前にアシュタンガヨガの特徴をお伝えするのですが、伝えたい特徴がありすぎて、話してクラスが終わりそうなほど、時間が足りません笑。

BASEのアシュタンガヨガビギナーはこんなクラス


アシュタンガヨガといえば、修行のように自主練を重ねていくイメージがある方もいるかもしれません。

BASEのアシュタンガヨガビギナーは、初心者でも楽しめる、ワイワイ、笑いが絶えないアシュタンガヨガクラスなんです!

私は初めてチャレンジする人にも、アシュタンガヨガの素晴らしさや、楽しさを知ってほしいという思いがあります。

だって、素敵だと思いませんか!?
想像してみてください。

アシュタンガヨガは、今、世界中で愛されているヨガで、全てのポースの順番が決まっているのが特徴。

と、いうことは!!
あなたが来週フランスへ行って、アシュタンガヨガのクラスでマットを引けば、クラスに混じって、ヨガができるんです!

言葉はわからなくても、ヨガ友が世界中にできる!

って考えたら、アシュタンガヨガやってみたくなりませんか?

時間の関係で全てのポーズは出来ないのですが、太陽礼拝(スリャナマスカーラ)から、立位のポーズを中心にクラスを構成しています。

さらにポーズの解説も入れながら、進行していくので、経験者の方にも、ポーズの謎が解けて、わかりやすかったと好評です。

アシュタンガヨガに興味がある方はもちろん、アクティブヨガが好きな方、黙々と集中した時間を過ごしたい方にオススメのクラスです!

さあ、一緒にやってみましょう!

WRITER
AIKO アイコ 初心者の方にもわかりやすく、心地よいアジャスト、クラスにくると元気になると定評がある、エネルギッシュなヨガティーチャー。

日々、心の底からヨガが好きなんだと実感しています。
特に身体を丁寧に扱うヨガが大好きで、そうやって身体を大事にしていると、心が満たされる感覚が沸き起こってきます。
心は身体に現れると知り、身体を観る技術を磨いています。「あなたの身体は可能性の宝庫!」

ヨガを通じて、
大人こそ自分の可能性をあきらめないで、
今この瞬間から、人生にワクワクできるんだと伝えたい!!!
一緒に思いっきりワクワクした大きな子供を目指しませんか?
BASEでヨガを学びたい方はこちら

RANKING

アクセスランキング

週間 総合