BASE YOGA MEDIA

2018.08.27.Mon │ ヨガトーク 香里園と枚方にあるヨガスタジオベースの魅力! ローホットヨガと常温ヨガの違い

LINEで送る
Pocket

こんにちは!BASEのSAYURIです。

BASEは香里園にローホットヨガスタジオ、枚方に床暖完備の常温スタジオを展開しています。

そこで、今回はローホットヨガってどんなものなのか、常温ヨガとは何が違うのか?!についてお話させていただきます!

BASEに通ってみたいな〜と考えている方のご参考になればと思います!

香里園スタジオ/ローホットヨガって?

ホットヨガという言葉を耳にしたことがある方は多いのですよね。
そのホットヨガとこれからお話する“ローホットヨガ”は何がどう違うのか、ご存知でしょうか?

ホットヨガは、約35度以上の高温多湿下の環境で行うヨガです。暑い環境でヨガをすることで、発汗作用が期待できます。

ただ、この環境でヨガをすることは人によってはふらつきや呼吸のしにくさを感じる場合もあります。
サウナが得意・不得意があるように、感じ方には個人差があります。

そこで2015年に私たちYOGA STUDIO BASEが関西初じめて作ったのが、“ローホットヨガ”の環境なのです。

ローホットという言葉からも連想できる通り、ホットヨガよりも低めの温度約30度前後に管理された室温で、さらにホットヨガに比べると湿度も低めなので、息苦しさを感じることはありません。

またローホットヨガは、汗をかくために暖かくしているのではなく、筋肉が効率よく動かせて、尚且つ呼吸しやすいのが特徴です。

冬はホッと暖かく、夏は外の気温より低めなので、年中ヨガに適した環境なのです。

香里園スタジオ/ローホットヨガ

暑さに気を取られることなく、筋肉を動かしやすい分、カラダの内側から熱を生み出す事ができるので、代謝UPや冷え性改善にも繋がります。女性には嬉しい効果ですね!

結果的にカラダの内側から熱を生むことができると、自然といい汗が出てきます。

特に初めての方や、体が硬い方には、体を動かしやすい環境になっているのでオススメです!

枚方スタジオ/常温ヨガって?

枚方スタジオ/常温ヨガ

ローホットやホットヨガに比べて、常温ヨガとは、その名の通り常温でするヨガです!笑
常温ということは、難易度の高いアーサナができるのが特徴。

なぜなら、暑い環境で頭が下に下がるポーズは頭に血液が早く回ってしまうので避けるのがベター。

ただ、真冬の常温スタジオは、どうしても寒くなってしまい、手先・足先が冷えてしまうこともあるんですね。

ただ!ただ!BASE枚方スタジオは、常温ヨガスタジオでありながら、床暖房完備なんです!!

冬でも寒くない環境でヨガを楽しむことができます。

ヨガのクラスの最後には、シャヴァーサナと言って、マットの上で寝転がっておやすみするポースがあるんですが、この床暖房の暖かさが背中から伝わる感覚は、もう極上です!

心地が良すぎて、思い出しただけで私も寝てしましそう。。。

今後この常温の環境を活かし、難易度の高いチャレンジアーサナを取り入れたレッスンを増やしていきます。乞うご期待!!!

一緒にヨガを始めましょう!

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
BASEには香里園にローホットヨガスタジオ、枚方に床暖完備の常温ヨガスタジオがあります。

私はどちらの環境でヨガをするのも大好きです!
これを読んでくださったみなさんとスタジオでお会いできるのを楽しみにしていますね!

BASE YOGA EXPO 2018 生徒さんとの集合写真

WRITER
SAYURI サユリ ヨガが初めての人も深めたい人も楽しめる様なレッスンを心がけています。
私はヨガに出会って、考え方や生活が少しずつ変わっていき、幸せだなと感じる瞬間がたくさん増えてきました。
人生を豊かにして欲しい!『生きる』をめーいっぱい楽しみましょう!そのサポート全力でします!!
オンラインヨガクラス開催決定!

RANKING

アクセスランキング

週間 総合